自転車工房エコー

361号機

360号機

361

 

313号機

 

 

 

 

359号機

レイノルズのパイプを使用しています。

ヘッドマークはステンレスを貼り付け

 

 

 

車体の色に合わせバーテープは赤色

アルテグラで組み立て

 

 

グレーとレッドの塗分け ともに透明感のある色です。

写真では表現できません。

太陽の下で見ると美しいです。

358号機

 

 

 

 

357号機

DSC_0054.jpg
DSC_0055.jpg
DSC_0056.jpg
世界一周を想定した自転車です。
ディスクブレーキの仕様ですが旅の途中でブレーキの故障などで困らないようVブレーキも使えるように台座を用意しました。
DSC_0057.jpg
DSC_0058.jpg
DSC_0060.jpg
DSC_0066.jpg
DSC_0067.jpg
DSC_0068.jpg
DSC_0070.jpg
DSC_0328.jpg
車輪の組み立てはご自分で
メカトラブル回避のための技術習得
DSC_0336.jpg
DSC_0337.jpg
DSC_0338.jpg
DSC_0339.jpg
DSC_0340.jpg
DSC_0341.jpg
DSC_0342.jpg
DSC_0343.jpg
DSC_0344.jpg
DSC_0345.jpg
DSC_0346.jpg
DSC_0348.jpg
DSC_0355.jpg
DSC_0356.jpg
DSC_0357.jpg
DSC_0358.jpg
DSC_0359.jpg
DSC_0362.jpg

356号機

DSC_0037.jpg
DSC_0038.jpg
DSC_0039.jpg
DSC_0040.jpg
DSC_0041.jpg
DSC_0042.jpg
DSC_0043.jpg
DSC_0044.jpg
DSC_0045.jpg
DSC_0047.jpg
DSC_0048.jpg
DSC_0049.jpg
DSC_0050.jpg
DSC_0051.jpg
DSC_0052.jpg
DSC_0053.jpg
DSC_0145.jpg
DSC_0146.jpg
DSC_0150.jpg
DSC_0151.jpg
DSC_0154.jpg
DSC_0155.jpg
DSC_0157.jpg
DSC_0160.jpg
DSC_0166.jpg
DSC_0165.jpg

355号機

塗装前

 

 

シートポスト 長い

パーツ対は倉庫の肥やしになっているものを引っ張り出し仕様

 

そのためパーツの統一感は一切なし

 

ブレーキレバーは一般自転車のオポジットレバー

オシャレだけで選ぶ

 

 

ステムはダホン製の物

 

 

フォークはカーボン

オークションにて入手

 

折り畳むとこんな感じです。

 

 

ペダルは左側だけワンタッチで取り外しが可能

三ヶ嶋ぺダル

 

 

車輪を前後とも外すとよりコンパクトに

 

気軽に小さく輪行ができないかと思いつき製作しました。

ホイルサイズは18インチ

ギヤ数は10段

 

 

354号機

DSC_9748.jpg
DSC_9749.jpg
DSC_9750.jpg
DSC_9751.jpg
DSC_9752.jpg
DSC_9753.jpg
DSC_9754.jpg
DSC_9755.jpg
DSC_9757.jpg
DSC_9759.jpg
DSC_9762.jpg
Vブレーキ仕様のツーリング車になります。
フロントフォークサイドにボトルゲージなど取り付けできるように台座を付けました。
寝袋など積載可能です。
DSC_9995.jpg
DSC_9979.jpg
DSC_9982.jpg
DSC_9984.jpg
パーツ類は乗られていたビアンキのロードからの移植です。
DSC_9985.jpg
DSC_9987.jpg

DSC_9988.jpg
DSC_9989.jpg
DSC_9990.jpg
DSC_9992.jpg
DSC_9993.jpg
DSC_9994.jpg

353号機

DSC_9634.jpg
DSC_9636.jpg
DSC_9637.jpg
DSC_9638.jpg
DSC_9640.jpg
DSC_9643.jpg
DSC_9644.jpg
DSC_9647.jpg
DSC_9648.jpg
DSC_9718.jpg
DSC_9719.jpg
DSC_9722.jpg
DSC_9723.jpg
DSC_9724.jpg
DSC_9725.jpg
DSC_9727.jpg
DSC_9729.jpg
DSC_9730.jpg
DSC_9731.jpg
DSC_9732.jpg
DSC_9733.jpg
DSC_9734.jpg
DSC_9735.jpg
DSC_9738.jpg
DSC_9740.jpg
スタンドの台座を製作しました。
DSC_9741.jpg
棒を差し込みます。
DSC_9743.jpg
センタースタンドも使用可能です。
DSC_9744.jpg
DSC_9745.jpg

352号機

DSC_9671.jpg
DSC_9673.jpg
DSC_9674.jpg
DSC_9676.jpg
DSC_9678.jpg
DSC_9680.jpg
DSC_9837.jpg
DSC_9838.jpg
DSC_9840.jpg
DSC_9841.jpg
DSC_9843.jpg
DSC_9844.jpg
DSC_9846.jpg
DSC_9847.jpg
DSC_9850.jpg
DSC_9852.jpg
DSC_9839.jpg

351号機

DSC_9649.jpg
DSC_9650.jpg
DSC_9651.jpg
DSC_9653.jpg
メッキ風シルバー ラグの塗分け
DSC_9652.jpg
DSC_9654.jpg
DSC_9657.jpg
DSC_9662.jpg
DSC_9663.jpg
DSC_9664.jpg
DSC_9665.jpg
DSC_9666.jpg
DSC_9667.jpg
キャリアも一緒に制作しました。
DSC_9959.jpg
DSC_9939.jpg
DSC_9940.jpg
DSC_9941.jpg
DSC_9942.jpg
DSC_9943.jpg
DSC_9944.jpg
DSC_9945.jpg
DSC_9946.jpg
DSC_9947.jpg
DSC_9949.jpg
DSC_9948.jpg
DSC_9950.jpg
DSC_9952.jpg
DSC_9953.jpg
DSC_9954.jpg
DSC_9955.jpg
DSC_9956.jpg
DSC_9957.jpg